MENU

サラフェの成分や副作用を徹底検証!乾燥や肌荒れは使い方が原因?

サラフェの全成分

フェノールスルホン酸亜鉛/シメン-5-オール/架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物/ジメチコン/架橋型ジメチコン/シクロペンタシロキサン/PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン/セリサイト/メチルハイドロジェンポリシロキサン/架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体/精製水/塩化Na/クエン酸Na/エタノール/フェノキシエタノール/BG/ジエチレントリアミン5酢酸5Na液/柿タンニン/炭酸水素Na/炭酸Na/ワレモコウエキス/ヨクイニンエキス/茶エキス-1/シャクヤクエキス/メントール
引用元:http://salafe.com/sp1/

 

特にサラフェが売りにしている成分が『フェノールスルホン酸亜鉛』です。

 

汗腺に含まれるタンパク質を固めてくれるので、汗がダラダラと際限なく額からアゴへと流れ落ちるのを防ぐ効果が期待できます。

 

つまり、サラフェは別に毛穴を閉じ込めて汗を出ないようにするのではなく、汗の成分に働きかけて流れ落ちないようにしてくれるわけですね。

 

副作用があるとしたら。。。

 

サラフェは化粧下地として、またはメイク前に使うよう推奨されています。

 

化粧水⇒サラフェ⇒乳液or美容液⇒メイクという順番になるわけですが、

 

  • 化粧の後に塗ってしまったり。
  • 急いで化粧するためにサラフェを少し拭き取ってしまったり。

 

してしまうと、本来のサラフェの効果が感じられづらくなります。

ジェルクリームなので
肌馴染み良し!
浸透力はまぁまぁ(^▽^;)
すぐに、お化粧!って訳には
いきませんA=´、`=)ゞ
ーo0sasa0oさん(27歳脂性肌)
引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/10094355/review/505453075

しっかり浸透を待ってからメイクアップしていきましょう。

 

また、サラフェを使っても全く汗が出なくなることはありません。

 

流れ落ちないようにするのがサラフェの成分でしたね。

 

それなのに、汗が出てきたと思ってティッシュや服の袖、ハンカチで顔の皮膚に何度も触れてしまうと雑菌が付いて肌荒れなどを引き起こす恐れもあります。

 

サラフェを使ったのに汗が出る!おかしい!と考えて何度も顔を拭うよりも、サラフェの働きをじっと待つ方が肌には優しいと言えるでしょう。

 

なお、サラフェを使って乾燥したという口コミはアットコスメにも1つもありませんでした。

 

パラベンなどの有害な添加物も不使用ですし、薬用商品として国際規格IS09001を取得している工場で製造されていることで衛生面も申し分ありません(^^♪

 

サラフェのアットコスメの口コミをまとめました!