MENU

サラフェは高いけど、本格的に病院で顔汗治療をするといくらかかる?

顔汗は「顔面多汗症」という名前で呼ばれ、ワキ汗ならびに手汗とならんでクリニックなどでの施術がされている症状です。

 

その費用はというと、健康保険を適応して3割負担である前提であっても、5〜15万円と高額なのが最大のネック。

 

顔汗ケアとして雑誌掲載歴の多い薬用クリームジェルのサラフェは、一般的なコスメと比較すると財布にキツいという口コミもあります。

 

ただ、それは単に乳液で顔を保湿するといった次元の話ではなく、れっきとした病名の付いている症状を緩和させようとしている薬用商品ですので、一般コスメと比較すること自体おかしいのです。

 

実際に、サラフェのように薬用ケアとして国内で研究・開発・販売されているものを使わずに治療しようとすると、もっともっと家計を圧迫させてしまうのが現状なのですね。

 

なかなか、顔の汗が酷いといっても、骨折したわけでもないし生死に関わるわけでもないじゃないかと、家族から良い顔はされにくいものです。

 

だからこそ自宅で手軽に毎日ケアできるサラフェのような商品が人気というわけですね。

 

サラフェはどこで買えますか?販売店にも選び方があります。